• ITとパソコンについて学ぶ
  • ITとパソコンについて学ぶ
  • ITとパソコンについて学ぶ

imageIT資産管理システムはトラブル解決に必須のシステムです

企業がIT関連機器を所有していくと、当然それが紛失することや、その機器がウイルスなどに感染したりして、企業としてセキュリティ面の問題を抱える可能性が高くなってくることを意味します。そういったIT機器を正しく管理していくことが求められるようになってきており、IT機器を一つの管理台帳を使って管理するIT資産管理システムが注目を浴びています。特に中小企業でも導入しやすい価格帯の製品も出ていますので、企業としても導入しやすくなっています。

image

IT資産管理システムには、いくつか機能が搭載されているのですが、一番注目されるのが搭載されているソフトのライセンス管理機能です。企業がPCを従業員に配布し始めてきた時に、違法コピーなどの問題が発生しはじめ、それに対するソフトウェア会社から裁判を起こされたりすることが多くなってきてしまったのです。そういった状況の中で正しくライセンスを管理していることを証明し、これらのトラブル解決のツールとして注目されているのです。

また企業のPCやサーバーなどは、外部からの攻撃にさらされやすく、場合によっては企業の重要なデータが漏えいしてしまうリスクも抱えているのです。よってOSやソフトウェアを常に最新のパッチを適用することで、これらの攻撃に備えることが重要なのですが、IT資産管理システムは、更新プログラムの配信機能とともに、PCやサーバーの状態を検知して、必要であれば、警告を発することも可能なのです。こうしたパッチ配信システムにより、企業をセキュリティリスクから守っていくのです。

IT資産管理システムは、年々セキュリティリスクや企業のコンプライアンスなどに対応すべく、いろんな機能が追加されています。例えばPCに対してUSBメモリなどの使用を禁止させる機能を搭載させたり、PCの情報を抜き出して、PCの状況を常に確認できるようにしたりすることなどです。こういった多機能になってきているIT資産管理システムですが、企業のITに関するトラブル解決や資産を正しく管理するなどの機能が、最近の企業にとって必要なシステムとして支持されています。