• ITとパソコンについて学ぶ
  • ITとパソコンについて学ぶ
  • ITとパソコンについて学ぶ

image予備校は授業料の他に交通費が必要ですがパソコン授業は不要です

大学入試を受ける際には勉強する必要がありますが、その際に予備校に通う方が少なくありません。予備校では入試のレベルに合わせて授業を受けることができるので、学力を向上させるメリットがあります。それに加えて、授業で分からなかったことがあれば、講師に質問することができます。また、定期的にテストが行われるので、現在の学力を確認できるメリットもあります。そのため、大学入試を成功させたい方に予備校は最適といえます。

 学力の向上には予備校は最適ですが、2つのデメリットがあります。

 その1つは近所に予備校がない場合には通うのにお金が掛かることです。例えば、都市部であればいくつも予備校があるので、学校が終わってから通いやすいメリットがあります。ただ、田舎の場合は予備校の数が少ないので、場合によっては交通費がかさむことがあります。そのため、近所に予備校がない方は通うのを躊躇してしまったり、高いお金をかけて通う必要があります。

 2つめは費用が高いことです。

例えば、いくつもの科目の授業を受ける際にはその数に応じて授業料も高額になります。そのため、通うのをためらってしまう方が少なくありません。そんな方にはパソコン授業の活用がおすすめです。 パソコン授業とはオンラインで授業を受けられるので、帰宅してから自分の部屋で勉強できるメリットがあります。それに加えて、パソコンがあればどこからでも授業を受けることができるので、近所に予備校がない方でも活用しやすいです。

 パソコン授業は費用が安いので利用しやすい特徴があります。例えば、予備校の場合は一度に授業を受けられる人数は限られていますが、パソコン授業ではその制限がありません。そのため、一人あたりの授業料が安くなる傾向があります。それに加えて、録画された授業を見返すことができるので、わからないことや気になることがあれば巻き戻して確認することができます。 ただ、パソコン授業を受けるためにWebカメラやマイクなどのツールを使うので、あらかじめ購入する必要がある点に注意が必要です。