• ITとパソコンについて学ぶ
  • ITとパソコンについて学ぶ
  • ITとパソコンについて学ぶ

image小学校でパソコン授業を導入してネットトラブルを防ぎましょう

パソコンは現代日本において必要不可欠な機械となりました。企業では一人に一台の支給は当たり前になっていて、就職の際にパソコンスキルがない人は就職が厳しいこともあります。社内のペーパーレス化が進み、社内連絡にもパソコンを使用し、印刷物を回覧しない企業が増えています。停電などでパソコンが使えないと仕事にならない企業も多数あり、時に大きな問題となります。今では家庭にも普及が進み、一家に一台あるという時代になりました。

image

パソコンは今後もどんどん利用の幅を広げる世界です。そのため、子どもから高齢者などの初心者でも手軽に操作性を重視したパソコンが多数出回るようになりました。パソコン教室が各地で開かれ、学ぶ人が増えました。インターネットとメールしかできないという時代から、パソコンを幅広く使って趣味や実益につなげようと考えている人が大勢います。写真や動画などを投稿するSNSの普及も、パソコン人気の底上げをする効果があります。

現在、パソコン授業を導入する小学校が増えています。次世代を担う子どもたちへ、早いうちからパソコンやディジタル授業を取り入れることで、苦手意識なく触れることができる機会ということで、保護者からの支持もあります。近年のタブレットやスマートフォンの人気により、子どもでも簡単に操作ができるものが増えました。しかしパソコン授業ではマウスやキーボードに慣れさせ、文書ソフトや計算ソフトなどを使用した授業を行うことで将来へとつなげる授業を行っています。

また、学校の授業では、自分の疑問に思っていることをインターネットで調べさせるということも行っています。子どもがインターネットなどに触れることはいい面もありますが、未成年向けではないサイトを閲覧する可能性や、詐欺などにあうことも考えられます。授業ではそういった点も含め、楽しいことができる反面、詐欺やいじめなどのきっかけにならないような指導がなされています。子どもから大人まで、正しい使い方を学びウイルスや詐欺などにあわないための工夫やセキュリティを学ぶことはとても大切です。